記事一覧

参議院議員会館にて障がい者を代表して登壇させていただきました。

こんにちは、大山結子です。
さて、2016年4月から、「障害者差別解消法」(障害を理由とする差別の解消の推進)が施行されました。それに合わせて、3月3日に、永田町にある参議院議員会館にて、「障害者差別解消法」と「ユニバーサルデザイン」の勉強会が開催されました。

ファイル 46-1.png
社民党の党首、吉田ただとも様、いつもお世話になっている増山れな社民党公認候補と、私こと大山結子です。右側の女性は手話通訳様です。手に持っていただいている冊子は、「障がいを持つ人向けのファッション誌」である『Co-Co Life☆女子部』の最新号です。

この勉強会には様々な障がいの当事者の方も、たくさんご来場くださったので、聴覚障がいをお持ちのお客様にも対応できるよう、手話通訳の方が2名ほどいらして、様々なタイプの聴覚障がいの方に優しい集会になっていたと思います。

ファイル 46-2.jpg
こちらは、聴力を完全に失われたタイプの障がい者であると同時に、北区議員でもある斉藤りえ様です。今回の勉強会イベントにゲスト出演と登壇をしてくださいました。
斉藤りえ様は、心のバリアフリーを推進するためには、障がい者の議員がもっと増えることが重要で有効であるとおっしゃっていました。
私は、「確かにその通りだ!」と思い、働けるし能力も高い障がい者はたくさんいるのだから、今は埋もれてしまっているその様な人たちを「発掘」(?)していきたいと強く思いました。

ファイル 46-3.jpg
こちらは、障がいを抱える人向けのファッション誌『Co-CO Life☆女子部』の編集部の方で、勉強会の司会進行や講演を務めてくださった守山菜穂子さんです。わかりやすく、新しい法律の施行後はどのように差別に対する規則、罰則などができるのかを解説してくださいました。また、もし障がいを理由に差別、差別的な対応をされてしまった時は、具体的にどのように抗議すればいいかという実践的なお話も。
それだけでなく、障がい者との円滑なコミュニケーションをしたいと欲している、いわゆる健常者の方が実はとても多くいることと、そのための、誰でも受けられるセミナーや勉強会があること、その受講生が増えていることなど、心が温かくなるお話もありました。
嬉しいですね。

また、『Co-Co Life☆女子部』では、私も登壇させていただいた参議院議員会館での勉強会の様子を記事にもしてくださいました。メディアの方の協力が得られると、記事にしていただけて、とても嬉しいです。

その記事はコチラから読めますので、お気軽にクリックしてくだいませ。
http://www.co-co.ne.jp/?p=3632


ファイル 46-4.jpg
こちらは、私こと大山結子の登壇中の記録写真です。私が実際に体験した障がい者への差別の実態や、乗り越えるのが難しい障がいに関する、ちょっとシビアな課題などを話させていだだきました。
また、私が障がいを逆手にとって、障がいをテーマにした現代アート作品を制作し、様々な受賞を勝ち取ったり、オーストリアのザルツブルグミュージアムをはじめとする名誉な場所で発表したりもしているアーティストであるとの紹介もしていただきました。
守山さんは、私の作品をお好きだそうで、「大山さんを尊敬している」とまでおっしゃってくださって、とても励みになりました。
現代美術家としても紹介してくださった細やかなお心遣い、ありがとうございます。
そして、国の施設である参議院議員会館で登壇させていただいたこと、とても光栄に思います。

その他、障がい者の差別をなくすことが国益にもつながるのだ、という話も、たっぷり時間をかけて話されていたのですが、長いのでここでは省略させていただきます。


ファイル 46-5.jpg
社民党の党首様、公認候補者様、障がいを抱えながら議員として活躍していらっしゃる方、障がい者のための雑誌の編集者、障がいを抱えながら現代美術家として活躍している私こと大山結子が登壇。
ご来場くださった方々の中には、文京区議会議員の朝田やすお様、社民党 政策審議会の青砥功英様など、政治家の姿も。さすが参議院議員会館ですね。
他、お客様の中から写真撮影OKな方、数人にお願いして撮った集合写真がこちらです。車椅子利用者の方など、とてもたくさんの種類の障がいの当事者達の姿が、ここにあります。

私は、一言に障がいとまとめないで、内容が全く違うのだから、障がいごとに内容がまるで異なるのだということをアピールしていくことが、これからより重要になってくると思います。

パラリンピックも控えていることですし、日本人の中にある障がい者への差別意識が、もっともっと解消されますように。

因みに、これらの記録写真は社会新報の田中稔様が、取材を兼ねて撮影してくださいました。写真を分けてくださってありがとうございます。

ご来場くださり、ありがとうございました。
取材してくださり、ありがとうございました。
そして、読んでくださり、ありがとうございました。

☆大山結子☆