• 大山結子
  • 大山結子

お知らせ

HOME > お知らせ

フジテレビ「ホウドウキョク」に大山結子が出演しました。

フジテレビ「ホウドウキョク」に大山結子が出演しました。

画像クリックで拡大します

2017.1

フジテレビ「ホウドウキョク」に大山結子が出演しました。

フジテレビ「ホウドウキョク」に大山結子が出演しました。

テーマ:見えない障がい
司会:阿部 知代、森下知哉
出演:大山結子、小林春彦

大山結子が出演したショーがニュースで取り上げられました。

2016.10.14 Fri.

毎日新聞、東京ブレイキングニュースに、『バリコレ』の記事が掲載されました。また、CoーCo Life☆女子部に詳しい記事が掲載されました。
大山結子が発言した「障がい者こそオシャレが必要」の言葉を記者の方に見出しで使っていただけました。

大山結子が出演したショーがニュースで取り上げられました。

大山結子が出演したショーがニュースで取り上げられました。

大山結子が出演したショーがニュースで取り上げられました。

大山結子が出演したショーがニュースで取り上げられました。

障がい者を代表して大山結子がNHK出演!!

障がい者を代表して大山結子がNHK出演!!

画像クリックで拡大します

2016.10.10 Mon.

== 終了しました == ご来場有り難う御座いました

バリコレ バリアフリー・ファッションショーTOKYO

NHK出演、ほか全国生放送も入ります!
タレントさんやパラリンピアンもたくさん同じステージに登ります!
乞うご期待!

バリコレ バリアフリー・ファッションショーTOKYO

ポップ、カワイイ、セクシー、アイデア満載のオリジナルのファッションを披露します。
ショーのフィナーレにはバリコレ大賞も発表!

イベント日時

バリアフリー・ファッションショーTOKYO
2016年10月10日(月・祝)
一回目 12:00~(予定)
二回目 16:00~(予定)
※都合により内容、時間など変更になる場合があります。

入場料

入場無料

公式サイト

NHK バリバラ バリコレ告知:
https://www6.nhk.or.jp/baribara/special/baricolle2016.html

Co-Co Life女子部:
http://www.co-co.ne.jp/?p=4008

放送日時

バリバラ Barrierfree Variety Show
NHK Eテレ 日曜夜7:00 再放送 金曜0:00(木曜深夜)

主催

主催者:NHK
ショー主催:Co-CoLife女子部編集部

ユリイカ2016年8月臨時増刊号 総特集「ダダ・シュルレアリスムの21世紀」にて、私こと大山結子の活動に触れられました。

2016.7.15 Fri.

ユリイカ2016年8月臨時増刊号 総特集「ダダ・シュルレアリスムの21世紀」にて、私こと大山結子の活動についての記事が掲載されました。

定価本体:2,400円(税別)
発売日:2016年7月15日
ISBN978-4-7917-0311-1

大山結子がアート、トークイベントにゲスト枠でお呼ばれ、出演します。 伝説のザルツブルグ博物館でのパフォーマンスを再び!

Art Lab TOKYO増山れな×佐々木裕司×大山結子×ウルトラ田楽隊 アートパフォーマンス+トーク「受け身×母性」 Art Lab TOKYO増山れな×佐々木裕司×大山結子×ウルトラ田楽隊 アートパフォーマンス+トーク「受け身×母性」

画像クリックで拡大します

2016.5.22 Sun.

== 終了しました == ご来場有り難う御座いました

Art Lab TOKYO増山れな×佐々木裕司×大山結子×ウルトラ田楽隊 アートパフォーマンス+トーク「受け身×母性」

開催日時

2016年5月22日(日)18 : 00
増山れな×佐々木裕司
アートパフォーマンス+トーク「受け身×母性」
伝説のザルツブルグ博物館でのパフォーマンスを再び!
ゲスト出演:大山結子、ウルトラ田楽隊
トークゲスト:武居利史(府中市美術館学芸員・美術評論家)

出演者

ウルトラ田楽隊
加藤ぴょん子:東京藝術大学器楽科ピアノ専攻。(佐々木裕司と同期の昭和61年入学)本名・加藤麗子。
松本和貴:中央大学で法律を専攻していたが、芸術の世界に転身。株式会社ミュージカリスランドP&Dを設立。パフォーマンス集団「東京細胞」の総監督ほか、演出家として「感電画廊」「お嬢様黄金」など美術と音楽をコラボさせたコンサートを展開し続けている。ウルトラ田楽隊メンバー。

大山結子
現代美術家。インターメディア・アーティスト。村上隆GEISAI受賞。カイカイキキギャラリー招待作家。明和電機賞受賞。他受賞多数。東京芸術劇場にて野田秀樹芸術監督就任記念公演『火の鳥』主演。対談集『GIRLY POWER!』出版。化粧品のための不要な動物実験の撲滅を目指す、作品としての芸術家NGO「うさぎ組」組長。
ザルツブルグ博物館日本の芸術展で日本の現代美術家として紹介される。

佐々木裕司
1986年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻入学
2007年7月「受身絵画」始動
2009年8月「パリ♡アート革命」
2009年8月ザルツブルクミュージアムで「日本の芸術展」展示参加およびもと枢機卿の館、世界遺産でもある同館中庭でザルツブルク音楽祭とも連動した3部構成のパフォーマンスを行う。
Performer:増山麗奈x大山結子x佐々木裕司
撮影、記録:園田昭彦
スピーチ:武居利史(府中市美術館学芸員)
Act1「旋律とノイズ」
Act2「オマージュフォーマイケルジャクソン」
Act3「受身絵画」
2010年5月 会田誠「絵バカ」展オープニングレセプションにて、「受身絵画」x「ヨカチン」
2011年3月「受身絵画 9.11グランドゼロを転がる」の企画でNYC遠征の真っ只中何と3.11勃発、急遽タイムズスクエアでマクドナルドの紙袋で募金活動を行う。(日本赤十字に寄付) https://youtu.be/mqPh88cgrrw
2013年7月 NYC エンジェルオランザンツファンデーションにて「受身絵画」公開制作、3000人が熱狂! UkemiPainting in NYC 23 July 2013.
2014年7月 NYCタイムズスクエアアメリカンイーグルビルビル全体のビルボードでSASAKIというクレジット入りで13年のパフォーマンスの画像が紹介される。

2014年11月横浜トリエンナーレ「ART-BIN」VIP参加、図らずも森村泰昌とアートバトル

入場料

500円

会場

ART Lab TOKYO
東京都台東区浅草橋4-5-2第二片桐ビル1F
03-5839-2985

ART Lab TOKYO

公式WEBサイト
http://art-lab.jp/alab_003.htm

大山結子の活動がメディアに掲載されました。

2016.3

大山結子の活動がメディアに掲載されました。

大山結子の活動がメディアに掲載されました。

記事

大山結子の活動がメディアに掲載されました。

記事全文 公式WEB http://www.co-co.ne.jp/?p=3632

国会議員さん達と、障害者差別解消法についての勉強会に登壇します。
様々な障がいをテーマに扱うアーティストとして、社民党の皆様から、大山結子とその作品をご紹介。

心のバリアフリー社会をつくろう!~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

画像クリックで拡大します

社民ユース

2016.3.3 Thu.

== 終了しました == ご来場有り難う御座いました

心のバリアフリー社会をつくろう!
~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

心のバリアフリー社会をつくろう!~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

心のバリアフリー社会をつくろう!~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

心のバリアフリー社会をつくろう!~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

心のバリアフリー社会をつくろう!~2016年4月「障がい者差別解消法」施行・パラリンピック開催にむけて~

開催日時

日時:2016年3月3日(木)午後5時半~午後7時半
場所 :参議院議員会館 地下一階B101会議室  
入場料:500円(資料代)
障がい者手帳をお持ちの方は無料

スタッフ

吉田ただとも (社民党参議院議員)
斎藤りえ(東京都北区議会議員)
講師:守山菜穂子 (メディアプロデューサー  Co-Co Life女子部 編集)
聞き手:増山れな(映画監督)
大山結子(現代アーティスト・双極性障がいを抱えながら作家活動を行う)
写真撮影:田中 稔(社会新報編集次長)

公式WEBサイト

http://www.renaart.com/news/?id=6742&page=1

ひっそりと参加します。
ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第1期成果展「先制第一撃」

ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第1期成果展「先制第一撃」
ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第1期成果展「先制第一撃」

画像クリックで拡大します


ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第1期成果展「先制第一撃」

画像クリックで拡大します

2016.2.27 Sat. -2.28 Sun.

== 終了しました == ご来場有り難う御座いました

「前衛」の饒舌、「再設定」の一撃
黒瀬陽平
いわゆる「千円札裁判」の発端となった前衛美術家・赤瀬川原平の作品《復讐の形態学》(1963年)には、「殺す前に相手をよく見る」という謎めいたサブタイトルがつけられている。
「資本主義リアリズム」を標榜し、千円札を拡大して精巧に模写をしたこの作品が、「偽物」でも「本物」でもなく、千円札 の「模型」なのだと語った赤瀬川の主張は、このサブタイトルにこそ要約されている。
ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第一期は、「前衛の再設定」というテーマのもとスタートした。
前衛がもはや、「炎上」というお手軽なスキャンダリズムと見分けがつかなくなり、 アーティストといえば、不謹慎な一発ネタでネットのお騒がせものになるか、自らのナイーブな内面に閉じこもって「自己表現」を垂れ流す存在としか見られな くなった現代において、「前衛の再設定」とは、「相手をよく見る」ことからしか始まらないのではないか。そんな思いがあった。
もちろん「前衛」の定義は様々だろう。
その語の定義上、時代によっても、立場によっても多様に変わりうる。
この一年、主任講師として私なりの定義は「講義」として語ってきたつもりである。
しかし、この新芸術校という場で、そして成果展という展覧会において重要なのは、まさにいまここで、アーティストたち の手によって「再設定」が着々と進められている、ということなのだ。
アーティストは、芸術を、社会を、政治を、概念を、感情を、自らの作品と言葉によって「再設定」してよい。
いやむしろ、手持ちの表現手段のすべてを総動員 して「再設定」しない限り、アーティストという存在に居場所は用意されていない。
軍事用語としての「前衛」に準ずるなら、彼ら彼女らは、それぞれの「再設定」によってはじめて、自らの「戦場」を見出すのである。
新芸術校では一年間、そのようなトライアルを繰り返してきた。
この一年間、作品を制作することはもちろん、講師も受講生も、とにかく言葉を発し、議論を重 ねてきた。
交わされた言葉の数も、書かれた言葉の数も、標準的な美術教育におけるそれを遥かに上回っているはずだ。
作品をつくり続けながら、文字通り言葉 を尽くすこと、それこそが「前衛の再設定」を可能にする。
ここに並んでいるのは、そんなプロセスのなかで「相手をよく見る」観察者、批判者であろうとするアーティストたちの姿であり、世界に対して果敢に「再設定」を試みようとする饒舌な作品たちである。
そしてそれは、それぞれが自らの「戦場」のなかで初めて発した「先制第一撃」なのだ。

奇妙なことに、経歴も年齢も幅広い人たちがこの学校を選んだ。
そして一年間の授業で、各分野の第一線で活躍する講師たちの難題に応えては、多方面からの批評を受けてきた。
こんな集団が他にいるだろうか。
プレイヤーとしての私には、生徒達は全員敵だった(言ってみれば講師もだ)。 だからこそ会場には相当面白いものが並ぶと確信している。
私たちはSNSのタイムラインよろしく流れてしまうようなものではなく、各々が新たな足掛かりをつくるだろう。
生で見て、そ の一撃をくらってほしい。
(内山智恵/受講生)

※会場でワンドリンクのご注文をお願いいたします。
※関連トークショーは入場料をいただきます。

会期

2016年2月27日(土)~28日(日)

日時

2月27日(土) 13:00-20:00
2月28日(日) 13:00-18:00

講評会

2月26日(金) 20:00-21:30 
審査員:浅田彰、岩渕貞哉、夏野剛、黒瀬陽平
司会:東浩紀
ニコニコ生放送による無料中継:
http://live.nicovideo.jp/watch/lv250640554 
※会場でのご観覧はゲンロン友の会上級会員に限らせていただきます。

関連トークショー

2月28日(日) 19:00-21:00
宇川直宏×黒瀬陽平
新芸術校第1期総括対談!
インディペンデントはどのようにアートを変えるか?
――健常なオルタナティヴの歪んだヴィジョン
料金:前売2,600円、当日3,100円
(ゲンロン友の会第6期会員証/学生証の提示で、当日会場にて500円キャッシュバック)

ご予約

http://peatix.com/event/143677

ニコニコ生放送による有料中継

http://live.nicovideo.jp/watch/lv251146579

会場

第1会場 ゲンロンカフェ
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F
03-5719-6821

第2会場 五反田アトリエ
〒141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F
03-5422-7085

主催

株式会社ゲンロン

お問い合わせ

03-6417-9230
info@genron.co.jp
(担当:上田)

pagetop